未分類

ディズニーキャラグリーティングでのおすすめカメラ設定と機材を紹介!

Dヲタのみなさん、キャラグリ楽しんでますか?

キャラをもっと可愛くorカッコよく撮影したいと思っている方は多いんじゃないでしょうか。

今回は、管理人がよく使用しているカメラ、そしてカメラ設定とキャラグリにオススメな機材を紹介します!

(グリーティングトレイルのミニーさん)

 

1.カメラ紹介

まず、僕が使用しているカメラを紹介します。

カメラは主に一眼レフを使用していて、ニコンのD5600という機種を使用しています。

NIKON デジタル一眼カメラ D5600 ダブルズームキット

一眼レフの中では入門機に位置付けられていますが、重量がフルサイズよりも軽く腕を上げっぱなしになるショーパレでは扱いやすく、めっちゃオススメです!一眼を初めて買うという方は、ダブルズームレンズキットがオススメです。こちらは標準レンズと焦点距離70-300mmの望遠レンズもついており、ランドのパレードからシーのハーバーショーまでレンズの買い足しがなく撮影できます。

2.グリ撮影にオススメな機材

さて、カメラとレンズセットを買ったし、グリに行くぞ!と意気込むみなさん。

その前にもうワンステップ必要なんです。

そう、グリをしようと思ったら追加の機材が不可欠なんです(お金が)。。。

というわけで、つぎは追加機材の紹介になります!

ストロボ編

一眼やミラーレスがあれば、キレイな写真が撮れる!!

、、、といっても、パーク内のグリ施設はフリグリを除いたらほとんどが屋内か日陰。

フラッシュなしで撮ろうとしたら、真っ暗になってしまいます。

カメラに内蔵されているフラッシュを使うのもアリですが、光がキャラに直接当たってしまい自然な仕上がりにならないですし、キャラもまぶしいですよね。

そこでオススメなのがまず、”ストロボ”です!

ストロボはカメラの外部に取り付ける機材で、シャッターを押すと同時に光を出してくれます。また、光の強さも調節可能です。

ちなみに僕が使っているストロボはこちら↓


Neewer NW561/1Y [フラッシュライト]

Neewrという海外メーカーのストロボですが、4000円以下で基本的なことはそろっており超オススメです!

純正ではないサードパーティのストロボながら、格安で光量調節ができたりとグリ列に並んでいると装備しているDオタもよく見かけますね。特に同じNeewrのTT560というストロボを装備しているDオタの方々を見かけるのですが、NW561のほうが光量調節が詳細にでき値段も1000円ほどしか上がらないので、ストロボデビューにはNW561を強くオススメします。

単焦点レンズ編

もうひとつ、あればよりいい機材があります。

それは、単焦点レンズです!

こちらが管理人が使っているニコンの単焦点レンズです。


ニコン Nikon カメラレンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G APS-C用 NIKKOR(ニッコール) ブラック [ニコンF /単焦点レンズ][AFSDX35MMF18G]
created by Rinker
¥26,600 (2024/06/16 23:08:57時点 楽天市場調べ-詳細)

先ほど紹介したダブルズームキットの標準レンズでも撮影はできるのですが、暗い場所での撮影でなにより重要なのは明るさ。

標準レンズだとどうしてもF値が上がってしまいます。しかし、単焦点レンズはF値が低くトレイルなどの室内でも光を取り込みやすいので、よりキレイにキャラを撮影することができます。

3. オススメカメラ設定

機材がそろったところで、次はカメラ設定の紹介です!

とはいってもカメラで設定は好みだったり撮りたい画によって個人差がでますので、今回は管理人が個人的に愛用している設定を紹介します。

[My カメラ設定]

シャッタースピード:1/80

F値:2.0

ISO感度:400

ホワイトバランス:白熱電球(ブルーを-3)

ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調+4、コントラスト-2)

ざっと紹介しましたが、上記のような設定でいつもミニーさんを撮影しています。

ちなみに撮影モードはマニュアルに設定してくださいね!

(頬持ち足上げかわいすぎるっ♡)

 

設定のポイントは、光をできるだけ取り込めるようにシャッタースピードを遅くして、絞り(F値)を開き、ISO感度を下げることです。

ピクチャーコントロールのコントラストは、可愛く撮りたい場合はマイナスに、カッコよく撮りたい場合はプラスに設定すると良いかと思います。

4.室内グリの裏技

室内グリにおいて、よりキレイにキャラを撮るためのストロボを使った裏技があります。

光を自然なあたり具合にするために重要なのがストロボの光を当てる向き。光を直接キャラに当てると、キャラに影ができてしまい不自然な仕上がりになってしまいます。もちろんキャラもまぶしいですよね。

そこで「天井バウンス」という撮影テクニックを紹介します。天井バウンスとは、ストロボの光を天井に当てて光を反射分散させて自然な仕上がりにできる方法です。これがカメラ内蔵フラッシュよりストロボをオススメする理由です。ストロボは先端の発光部を回転させることができるので、これで天井に向けるようにします。

ここでのコツは天井に垂直に向けるのではなく、自分の少し斜め後ろに光を当てることです。これをすることにより、より光の当たり具合が自然になります。下の2枚がストロボがあるときとないときの比較になります。

↑ストロボを使っていない場合

↑ストロボありで、天井バウンスさせた場合

雲泥の差ぐらいの出来栄えの差ですよね!

 

まとめ

いかかでしたでしょうか。

管理人が使っている機材と設定をご紹介していきましたが、少しでもみなさんの理想のキャラ撮影につながったなら幸いです。

それではみなさん、よいグリライフを!!

-未分類

Copyright© Mythical Disney! , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.